コラーゲン製品

当社は世界をリードするコラーゲン研究のパイオニアとして、半世紀以上にわたりコラーゲンの研究を行ってまいりました。その技術を応用した各種コラーゲン関連製品を取り扱っております。ウシ、ブタ、ティラピアなどの異なる種の様々な組織から抽出精製した各型のコラーゲン溶液を取り揃えております。酸抽出や酵素抽出の各型コラーゲンを製造販売しております。また、細胞培養用のキットやコラーゲンプレコート培養製品も取り扱っております。カタログにないものもご相談承ります。お気軽にご相談下さい。。

コラーゲンタイプⅠ Collagen type Ⅰ

研究試薬用コラーゲン(溶液タイプ製品)

●コラーゲンタイプⅠ (Type I collagen)
I型コラーゲンは、他細胞動物の細胞外マトリックスの主成分となっている線維性コラーゲンです。人体のタンパク質の約3分の1がコラーゲンと言われていますが、そのほとんどをI型コラーゲンが占めます。I型コラーゲンは、ほとんどがα1(I)鎖とα2(I)鎖が2:1の比で構成されるヘテロな3量体分子です。
特に骨や腱、真皮、靭帯、にタンパク質の割合として豊富に存在しますが、すべての臓器に存在し、生物学的にも重要な機能をもっています。存在する組織によって翻訳後修飾が異なることが明らかになっています。
酸抽出コラーゲンは、分子の両端にN-テロペプチド、C-テロペプチドを保持しており、より生体内のコラーゲン線維に近い再構成線維を形成しやすくなっています。

●コラーゲンタイプⅢ (Type III collagen)
幼若な皮膚組織や、動脈の中膜の平滑筋細胞が豊富な組織など、弾性のある組織に比較的多く存在する生命維持に必須の線維性コラーゲンです。 発生過程や創傷治癒時に発現する事が知られていますが、詳しい機能はまだ明らかになっていません。

●コラーゲンタイプⅣ (Type IV collagen)
Ⅳ型コラーゲンは、基底膜という上皮細胞シートの裏打ちとなる細胞外マトリックスの主要構成成分です。IV型コラーゲンは、I型やIII型などの線維性コラーゲンとは異なり、細かい網目状の会合体を形成します。α1からα6までの6種類のα鎖が3種類以上の組み合わせの分子種を作ります。

●コラーゲンタイプⅤ (Type V collagen)
Ⅴ型コラーゲンは3種類のα鎖からなり、主として[α1(V)]2α2(V)という組成の分子種がありますが,α1(V)α2(V)α3(V)という分子種もあります。皮膚、腱、角膜、腎臓、筋肉などすべての臓器においてI型とともに存在してコラーゲン線維の太さを調節したりしています。XI型コラーゲンと非常に近い性質を持っています。受注生産になります。

 製品一覧はカタログをご覧ください。またお気軽に各製品の特徴についてご相談下さい。

研究試薬用コラーゲン(粉末タイプ製品)

ネイティブなコラーゲン分子特有の3本鎖らせん構造を保ったまま、ニッピ独自の製法で、取り扱いやすい粉末にした製品です。これまでは、コラーゲン製品には、溶液または凍結乾燥品しかありませんでした。主成分は、I型コラーゲンです。コラーゲンタンパク質濃度や溶媒をユーザーが選択可能です。コラーゲン成型品や、ドラッグデリバリーシステムの研究などにもご利用いただけます。三次元細胞培養のゲルにもご使用いただけます。10 mg/mL程度までのコラーゲン濃度に溶液を調製可能です。ウシおよびブタの真皮由来コラーゲンを原料としております。I型コラーゲンを精製したものと、III型コラーゲンを含むものとがあります。ペプシン可溶化製品に加えて、分子末端の非コラーゲン性領域テロペプチドも保持している酸抽出可溶化製品もあります。

Corning®コラーゲンコート製品

Corning®コラーゲンコート製品

コラーゲンコート製品は、当社とコーニングインターナショナル株式会社との共同開発製品です。

コーニング社の細胞培養容器に、厳密に清浄度が管理された環境下でウシ由来のⅠ型コラーゲンを均一にコートしています。製品の均一性・生物学的特性等については厳しい試験を実施しています。
初代培養細胞の活性・生存率の改善、細胞接着と伸展の促進、細胞接着アッセイ、細胞の分化・増殖、低濃度血清・無血清細胞培養などにご利用ください。

※ご購入に関してのご質問等は総販売元のコーニングインターナショナル株式会社へお問い合わせください。

コラーゲンゲル細胞培養キットTri-D

コラーゲンゲル細胞培養キットTri-D

コラーゲンゲル上およびコラーゲンゲル内の細胞培養に最適なI型コラーゲンゲルを調製するための試薬キットです。コラーゲン溶液と3倍に濃縮された培地とのセットです。線維性コラーゲンは、生体内でほとんどが線維状に会合した形で存在しています。プラスチック上ではなく、生体内と同様にコラーゲンゲル上またはゲル中の培養によって、より生理的な細胞機能を研究することができます。

研究用コラーゲン線維シート

ニッピ独自の技術(PAT.P)で、生体と近いコラーゲン線維構造を保持したまま、高密度に圧縮したコラーゲン線維シートです。ブタ真皮由来ペプシン処理可溶化コラーゲンを原料とします。電子線照射済みです。詳しくはカタログをご覧ください。

▲ページの先頭に戻る