ラミニン製品

ヒトラミニンタンパク質断片を製造しております。再生医療における極めて高性能の多能性幹細胞培養基質として広く国内外で用いられています。販売は大阪大学との官民イノベーションプログラムとして再生医療技術の推進政策に則って設立されたマトリクソーム社が行っております。ラミニンは12種類以上のアイソフォームを持つ基底膜タンパク質です。

ラミニン

iMatrix製品

iMatrixシリーズ製品は、ヒトラミニンタンパク質のE8領域を高純度に精製した商品群で、ES/iPS細胞を始めとする幹細胞や様々な細胞の培養用基質として使用できます。
iMatrixi-511を用いるとES/iPS細胞のフィーダーフリー培養法でコロニーをばらばらにしたシングルセルにした状態から播種しても継代が可能になり、簡単に効率よく細胞の維持や増殖ができます。
このラミニン-511E8フラグメントに関する論文(Nakagawa et al., Scientific Reports 4, Article number: 3594 (2014))は多くの研究者に引用され、再生医療の実現化へ向けて素晴らしい結果が続々と報告されています。引用されている論文リスト、Google Scholarへのリンクはこちらです。
現在、ラミニン-511に加えて、411、および221のE8タンパク質を扱っております。近日中に332および111を発売予定です。他のラミニン関連製品につきましても現在開発中であり、逐次発売予定です。
ラミニン製品に関しては、関連会社のマトリクソーム社から販売しております。プロトコルなどの詳細な情報もマトリクソーム社のサイトURL: http://www.matrixome.co.jp/ を御覧ください。


・ iMatrix-511 CHO-S細胞由来、試薬用
・ iMatrix-511MG CHO-S細胞由来、臨床グレード
・ iMatrix-511 silk カイコ由来試薬用
・ iMatrix-411
・ iMatrix-221 心筋細胞の接着、分化維持
・ iMatrix-332 近日発売 ES/iPS細胞培養、表皮真皮基底膜ラミニンフラグメント
・ iMatrix-111 近日発売


※iMatrix-511を用いたiPS細胞のフィーダーフリー培養方法につきましては、こちらの株式会社iPSポータルの外部リンクに詳細がございます。是非ご活用下さい。
※各製品の購入については、マトリクソーム社URL: http://www.matrixome.co.jp/のサイトを御覧ください。

▲ページの先頭に戻る