コラーゲンぺプチド原料由来について

ニッピペプタイド(コラーゲンペプチド)は由来原材料として、「ウシ、ブタ、サカナ」由来であり、コラーゲン由来のタンパク質を高度に精製した商品です。
ラインナップも豊富なため、用途に応じて由来、グレードを選択することができます。
また、溶解性に優れた顆粒(造粒)タイプもございますので、ニーズに合わせた商品をお届けすることができます。

 

スプレー乾燥

コラーゲンペプチドでは、一般的な操作方法です。
噴霧乾燥とも呼ばれ、液体を霧状に噴霧し、水分を蒸発させて粉末する方法です。

上級品

無味無臭の白色粉末で、そのまま召し上がる製品やコラーゲンペプチドの使用量の多い処方に適しております。

スタンダード品

上級品、汎用品の中間に位置する粉末製品です。飲料、ゼリー製品などに適しております。

汎用品

スープ、たれ、打錠品、カプセルなどあらゆる商品に幅広くご使用いただけます。

▲ページの先頭に戻る