ゼラチン製品

ゼラチンは、コラーゲンタンパク質の特徴的な3本鎖らせんの立体構造を変性させてネイティブなコンフォメーションを解いたものです。線維性コラーゲンは、変性すると比較的溶けやすい性質に変化します。当社のクリーンルームを利用して製造する低エンドトキシンの医療用ハイグレードゼラチン、メディゼラチンシリーズを取り扱っております。豚皮由来です。注射剤用安定剤、ドラッグデリバリー基剤、再生医療などに幅広く応用可能です。

メディゼラチン

低エンドトキシンゼラチンシリーズ

従来のゼラチンと比べて、エンドトキシンを大幅に減少させた製品です(10 EU/g 以下)。エンドトキシンと強く反応する免疫系に用いても不活性です。

●メディゼラチン
ゼリー強度に優れ、物理的強度を必要とする用途にも最適です。コラーゲンの共有結合がほとんど分解していない分子量約100kのα鎖が主成分のゼラチンです。ブタ皮をアルカリ処理して精製したゼラチンです。製造工程中にウイルス不活化工程及び0.2 µmのメンブレンろ過を含みます。ゼリー強度に優れ(250g以上)、物理的強度を必要とする医療用途に最適です。皮内反応試験および抗原性試験は陰性です。原薬等登録原簿(マスターファイル)(MF)に登録済みです(228MF40025)。

●ハイグレードゼラチン
タンパク系製剤の安定化剤として、広く実績があります。平均分子量60,000のAPATと平均分子量8,000のAPタイプがあります。用途によって使い分けができます。

●低アレルゲン性ゼラチン
特異的な酵素処理により特に抗原性を低減したゼラチンです。

※すべて凍結乾燥品での供給となります。
※上記製品は研究用です。臨床用途につきましても対応可能です。お気軽にご相談ください。

▲ページの先頭に戻る