その他事業(社有土地再開発)

大阪難波地区土地開発事業

開発推進室は、当社所有地の最有効活用を目指して再開発計画立案から実現まで、計画管理運営等不動産事業全般を推進します。

日本有数の国際観光都市大阪『ミナミ』の玄関口となる南海電鉄並びに大阪メトロ(地下鉄)それぞれの難波駅から南側に広がる旧大阪市なんば土地区画整理事業区域内のほぼ中央に位置する当社所有地(8,915.34㎡)の周辺では、平成15年10月なんばパークス開業、平成18年ヤマダ電機オープン、平成19年8月ザ・なんばタワー レジデンス・イン・なんばパークス竣工、平成24年4月ゼップ・ナンバ(大阪)オープン、平成25年1月南海なんば第1ビル(南海電気鉄道株式会社本社、大阪府立大学の一部が入る)、平成30年10月なんばスカイオ開業、などなど、 商業地域としての全体的な賑わいをみせております。

このような状況の中で、当社所有地におきましては、全体敷地面積8,915.34㎡のうち北側4,404.72㎡に関して、南海電気鉄道株式会社との間で一般定期借地権設定契約を締結し、南海電気鉄道株式会社が Centara Osaka 特定目的会社に転貸することにより、開発計画を本格的に始動することを決定しております。

転借人である Centara Osaka 特定目的会社が計画している施設は、地上34階、客室数515室、フィットネスセンター、多彩なレストランと宴会施設等を整備し、世界13か国での豊富な実績を持つ「センタラ・ホテル&リゾート」が日本初進出となるハイエンドホテルを2023年半ばにオープンする計画であります。
当開発の実現が、一層の地域の発展に寄与することを願っております。

なお、南側残地(4,510.62㎡)につきましては、駐車場運営を継続しつつ、本格的開発の実現を目指して引き続き努力してまいります。

当社なんば地区所有地の開発について
(参考)難波中二丁目における開発について


平成7年4月当時の難波(大阪)地区全景


令和元年11月時点の難波(大阪)地区全景 

大阪難波土地開発事業の経緯

明治12(1879)年     大倉喜八郎による大倉組商会が「大倉組製革場」(後に合名会社大倉組皮革製造所→日本皮革株式会社大阪工場と改組・改称。日本皮革は後に株式会社ニッピと改称)を創業。(船出町1丁目)
昭和40年4月 ニッピ大阪工場移転
昭和45年9月 なんば旧大阪支店・工場跡地にナンバゴルフセンター開場
昭和62年5月 難波地区再開発事業研究会発足
平成元年7月 難波地区開発協議会発足
平成7年11月 大阪市難波土地区画整理組合設立認可
平成8年8月 難波地区再開発地区計画の都市計画決定
平成9年3月 ナンバゴルフセンター閉鎖
平成9年10月 ナンバゴルフセンター跡地にて住宅展示場(土地賃貸)オープン
平成15年10月 住宅展示場賃貸終了。その後、駐車場利用(土地賃貸)
平成15年12月 大阪市浪速区難波所有地約半分(西側2600坪強)売却
平成18年10月 当社残地東側約2700坪を駐車場利用(土地賃貸)
平成24年3月 大阪市難波土地区画整理組合解散
令和元年9月 埋蔵文化財本掘調査開始
令和元年10月 南海電鉄株式会社との間で北側(4404.72㎡)に関して一般定期借
地権設定契約締結

東京土地開発事業

ポンテグランデはイタリア語で「大きな橋」

東京本社所在地周辺においては、京成本線千住大橋駅前に拡がる12万㎡超の複合タウン構想「ポンテグランデTOKYO」地区再開発計画を手掛けており、「うるおい・活気・安全」なまちづくりの実現のため、地域の皆様とともに足立区、共同事業者と協力しながら順次推進しております。「ポンテグランデTOKYO」にご期待ください。

「ポンテグランデTOKYO」のホームページ:
http://www.pontegrande.jp


平成16年7月当時の東京本社・工場全景


令和元年11月時点の東京本社・工場全景       

東京土地開発事業の経緯

平成13年7月 千住大橋駅周辺全体のまちづくりに配慮した開発計画の本格検討を開始
平成15年4月 「千住大橋駅周辺地区開発連絡協議会」の発足
平成15年8月 「千住大橋駅周辺地区まちづくり連絡会」の発足 
平成18年4月 足立区、㈱リーガルコーポレーション、UR都市機構とニッピ間で「千住大橋駅周辺地区におけるまちづくりに関する基本協定」を締結
平成18年4月 都市計画道路(足立区画街路)第11号線・交通広場の都市計画決定 
平成18年11月 「千住大橋駅周辺地区整備計画」決定(地区まちづくり計画)
平成19年4月 用途変更等に関する都市計画決定
平成19年12月 ニッピ都市開発株式会社設立 
平成22年6月 「隅田川スーパー堤防整備事業施行に関する確認書」を締結
平成23年1月 タウンネーミング「ポンテグランデTOKYO」に決定 
平成23年12月 ニッピ新本社ビル竣工
平成24年2月 A街区商業施設事業者を三菱地所株式会社に決定
平成24年3月 C街区有楽土地㈱(現:大成有楽不動産㈱)分譲マンション「オーベルグランディオ千住大橋」完成
平成24年4月 千住大橋さくら公園開園 
平成25年1月 I街区でミズノフットサル千住大橋営業開始 
平成25年4月 足立区認可保育園「うぃず千住大橋駅前保育園」が開園
平成26年3月 足立区画街路第11号線(駅前交通広場含む)が全面開放
平成26年4月 A街区三菱地所㈱商業施設「ポンテポルタ千住」開業
平成27年2月 H街区大成有楽不動産㈱分譲マンション「オーベルグランディオ千住大橋エアーズ」完成
平成27年3月 D街区丸紅㈱・住友不動産㈱・㈱長谷工コーポレーション分譲マンション「アクアヴィスタ」完成

ポンテグランデロゴマーク

ポングランテ
イタリア語で“大きな橋”を意味する「ポンテグランデ」。江戸の昔、大川と呼ばれた隅田川に初めて架けられた橋となり、「大橋」の名で知られた千住大橋の歴史への誇りをネーミングに込めました。さらに、「千年を超えてみずみずしく色あせない街」を思い「みらい千住」のワードを冠しています。日光・奥州街道の起点となり、江戸4宿最大の宿場町として発展。新しい人や文化の窓口として、賑わいと出逢いにあふれた地に、再び生まれた都心への、未来への、架け橋。「ポンテグランデ」=“大きな橋”の名を掲げながら、都市拠点としての可能性と共に、この街は、暮らしと活気、人と夢を結びます。

▲ページの先頭に戻る